トロント観光地7選+周辺情報

2019年12月28日土曜日

観光

 
【トロント観光編】

初めて訪れる土地って、方向感覚も分からず、どこになにがあるか分かりにくいですよね。そこで、7つのトロントに滞在中に行っておくべき観光地+その観光地の最寄駅・周辺のホテルなども一緒にご紹介!

なので、最初に路線MAPを見ておきましょう。
©︎TTC
イエローラインは南北に、グリーンラインは東西に走っています。トロントの中心地は、イエローラインとグリーンラインが交差したところから南のイエローライン内のエリアを指します。

目次

  1.  トロント市庁舎
  2.  ユニオンステーション
  3.  セントローレンスマーケット
  4.  トロント大学
  5.  トロント・アイランド
  6.  CNタワー
  7.  ナイアガラの滝

1. トロント市庁舎 (Nathan Phillips Square)


住所: 100 Queen St. W
最寄駅:Queen Station (イエローラインの右側)
近くの有名ホテル:
  • Hilton Toronto
  • Double Tree by Hilton Hotel Toronto Downtown
  • Chelsea Hotel Toronto
  • Sheraton Centre Toronto Hotel
1965年にフィンランド人によってデザインされ、建築された新市庁舎。目の前には、様々なイベントが行われたり、憩いの場となる噴水が冬にはスケートリンクになります。

新市庁舎の東側にはクラシカルな旧市庁舎があり、現在は裁判所や結婚式場として利用されています。

スケートリンクは9時から22時までOPENしており、スケートシューズは10ドルでレンタルすることもできます。

"TORONTO"のモニュメントもあり、インスタ映えスポットになっていますので、ぜひ行ってみてください!


12/31の大晦日の夜には多くの人が集まり、新年を迎える瞬間を祝うカウントダウンが行われます。広場は身動きが取れなくなるほどの超満員になり、新年になった瞬間には、花火も盛大に打ち上がり、素晴らしい1年を迎えることができます!


2. ユニオンステーション


住所: 65 Front St W, Toronto
近くの有名ホテル:
  • The Ritz-Carlton Toronto
  • The Fairmont Royal York
  • Renaissance Toronto Downtown Hotel
  • InterContinental Toronto Centre
  • Toronto Marriott City Centre Hotel
  • Le Germain Hotel Toronto Maple Leaf Square
トロントの中心駅であるUnion stationはトロントピアソン国際空港からの直行列車である

UP Expressが通っており、25分で移動できてしまいます。

また多くのホテルがあり、初めてきた方にはこの近くに宿泊するのが利便性は高いと言えます。もちろん、宿泊費用は高めです。

写真を見ていただくと、ユニオン駅にはNYのグランドセントラル駅を彷彿とさせるエリアがあり、ついつい写真を撮りたくなってしまいますよ。VIA Railのマークを追っていくとココにつながります。


3. セントローレンスマーケット


HP- St. Lawrence Market
住所:92 - 95 Front St E, Toronto, ON M5E 1C3
最寄駅:Union Station
近くのホテル:
  • Holiday Inn Express Toronto Downtown
  • Novotel Toronto Centre
  • The Omni King Edward Hotel
  • Executive Hotel Cosmopolitan Toronto
食べ歩きもできちゃう、トロントで最大規模の室内マーケット。ユニオン駅から徒歩10分程度のところにあり、ぜひ行っておきたい場所の一つ。

ワインやチーズやエビや貝・魚などのシーフードなどから、スパイス専門店などもあり楽しく買い物もできます。お土産を探すのにも選択肢も多くあるので、最適な場所ですね。

サンドウィッチやピザなどを食べながら、買い物をお楽しみください!

暑い日でも、寒い日でも、雨の日でも、屋内マーケットなので安心して楽しめる観光地です!

4. トロント大学(University of Toronto)

住所:27 King's College Cir, Toronto(セイントジョージキャンパス)
最寄駅:Queen's Park station / Museum station

1827年に創立創立された、トロントのド真ん中に構えるカナダNo.1の大学。U of Tとも呼ばれ、Times Higher educationの世界大学ランキング2020によると、世界18位の超名門大学です。ちなみに東京大学は36位です。

広大な敷地に、多くの歴史的な建物と教室が点在するキャンパスで、キャンパスツアーも無料で行われています。キャンパスツアーの公式サイトはこちら

トロント大学のBookstoreでは、University of Torontoのロゴ入りグッズなんかも購入することができるので、ぜひトロントを訪れた証に買っていくのもオススメです!
Bookstore - 214 College St, Toronto, ON M5T 3A1

5. トロントアイランド(Toronto Islands)

アクセス:Union stationから南に徒歩5分行ったところにあるJack Layton Ferry Terminalから3つの島に船が出ています。
公式Webページ

トロントの中心地から、オンタリオ湖をフェリーで15分ほど移動するとトロントの街を一望できる島々に到着します。

大きな公園のようになっており、ピクニック・釣りやバーベキューをすることもできます。さらにフェスティバルの会場になったり、Hanlan's Pointのビーチはヌーディスト・ビーチにもなります。

炭火用のBBQグリルが島の一部の場所に備え付けられているので、予約されていなければ無料で自由に使うことができますよ!(予約も可能)

春から秋にかけては、Centre Island・Hanlan's Point・Ward's Islandの3つの航路がありどこへ向かうのも往復8.19ドル(Adults)で、多くの観光客はCentre Islandに向かいます。

10月~4月のオフシーズンWard's Islandへの船のみが出航しています。
Ward's Island フェリースケジュール

自然を感じながら、眺めも素晴らしいトロントアイランドは、一度は訪れておきたい場所ですね。ただ、寒い時期は風が強く、体感温度がかなり低いので、十分暖かくなってから行くことを強くオススメします。

6. CNタワー


住所:301 Front St W, Toronto
最寄駅:Union Station
公式Website
近くのホテル: 
  • Toronto Marriott City Centre Hotel
  • The Atmosphere Boutique Suites
  • InterContinental Toronto Centre
  • Delta Hotels by Marriott Toronto

いやでも見えてしまうトロントのシンボルCNタワーは高さ553.33mで、展望台からはトロントを360度見渡せる!

CNタワーには3つの展望台があり、一つは地上342mのにある屋外展望台。もう一つは、地上346mにある屋内展望台。最後は地上447mのところにある展望台スカイポッド(SkyPod)で、ここへのアクセスは別料金。

一般チケット料金(13-64歳): 38ドル 
一般+SkyPodチケット(13-64歳):53ドル
その他、水族館チケットも含んだ季節限定チケットなどがあるので、こちらよりご確認ください

さらに地上351mに数十分に一度回転する屋内レストランがあり、トロントでも人気のお食事スポットで、もてなすのには最高の食事処です!


7. ナイアガラ・フォールズ



トロントへきたら外せない観光地 ナイアガラ。トロントからバスや電車でおよそ1時間半〜2時間のところにあります。中心街にはカジノもあり、数日滞在しても飽きることなく楽しめる観光地!

ニューヨーク州とオンタリオ州の間に流れている川が複数の滝から流れ落ちるので、Niagara Fallsと複数形で呼ばれています。ナイアガラの滝を落ちた水はどこへ行くかというと、トロントも面しているオンタリオ湖に行き着きます。

徒歩で橋を渡って、アメリカ側へ行くこともできますよ!(ビザを持って渡らないと、戻って来られなくなるので要注意!!!)

また、ナイアガラの滝から北へ行くと、ナイアガラ・オン・ザ・レイクという街があります。古風でゆったりとした街並みが綺麗で、中心のストリートには多くのお店が立ち並び、普通のギフトショップでは買えないようなお土産もそこでは見つけることができます。また多くのワイナリーが近くにあり、非常にオススメです。

自然に凍ったぶどうから造った、甘く、口当たりの優しいナイアガラ名産のアイスワインはお土産に持って行くと、特に喜ばれると思います。

ナイアガラへ往復たった30ドルで行く方法を2つご紹介
→【ナイアガラの滝の巻①】(バス)
→【ナイアガラの滝の巻②】(電車)



まとめ

トロントにきたら行っておくべき観光地7選をご紹介させていただきました。トロントは観光地としてはあまり広くはないので、1週間あれば十分見尽くすことができます。また、観光地を巡るのではなく、目的地なしで街を歩くのも、オススメです。トロントという、様々な人種と文化がうまく調和した街は、世界でも稀に見る素晴らしい景色なのです。

QooQ